クリニックの接遇研修はクリニック接遇向上コンサルティングへ

クリニック接遇向上コンサルティング TOPへ お問い合わせフォームへ

講師プロフィール会社概要プライバシーポリシー

HOME >接遇豆知識> あいさつの効果は「表情+あいさつ+お辞儀」で決まる

あいさつの効果は「表情+あいさつ+お辞儀」で決まる


前の項目で「あいさつ」についてお話をしましたが
ここでは、あいさつの印象を高める姿勢とお辞儀についてお伝えします。

   007.jpg

姿勢には立ち姿勢と座り姿勢の2種類があります。

今現在、立っている方も座っている方もその状態で結構ですので
ご自分のなかで正しい、美しいと思う姿勢を意識してみてください。

どうでしょうか?元の姿勢から変化したでしょうか?

全く変わらなかったという方は普段から正しい姿勢が保てています。
一方、意識をしたタイミングで背筋が伸びたり、足の位置が変わったという方は
よほど気をつけていないと姿勢が崩れやすいということです。

私の研修でも同じことを行いますが、ほぼ全員の姿勢が変わります。

正しい姿勢のポイントをお話する前なのに変わるということは
皆さん、改めて習わなくても正しい姿勢に対する知識はお持ちだということです。

知っているのにやっていないこと、できていないこと。
姿勢に限らず、いろいろな場面で思い当たる節があるのではないでしょうか。

では、立ち姿勢とお辞儀のポイントをおさらいしておきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 立ち姿勢のポイント

まずは壁に「かかと・お尻・後頭部」を押しつけるように立ってみてください。
後ろに倒れているような感覚があると思いますが、これが本来の姿勢なのです。

そのままの姿勢で少し前に出て、以下の5つのポイントを実践してみましょう。

    ● 足のかかとを揃えてつま先は少し開く
    ● 足の裏全体で体重を支えるイメージを持つ
    ● あごを引いてまっすぐ前を見る
    ● 右手の上に左手を載せ、体の前で組む
    ● 正対する(おへそを相手に向ける)

お仲間がいれば向かい合って、お一人なら鏡の前でご覧になってください。
今までの立ち方との違いは感じていただけましたでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 お辞儀のポイント

お辞儀には「分離礼」と「同時礼」という2種類があります。
分離礼はあいさつの言葉とお辞儀が分かれていて、同時礼はお辞儀をしながらあいさつを行います。

正しいお辞儀は分離礼なのですが、現場では使いづらい場面が多いことも事実です。
分離礼は丁寧であるがゆえに時間がかかって患者様をお待たせしてしまうのです。

私は基本的には同時礼を行って、お見送りのときだけ分離礼をお勧めしています。

同時礼はあいさつとお辞儀を同時に行うとお伝えしましたが
少しだけタイミングをずらすことで、通常の同時礼よりも気持ちが伝わりやすくなります。

「こんにちは」というあいさつとお辞儀を行う場合であれば
「こん」まで患者様の目を見て、「にちは」と言いながらお辞儀を行います。

文字にすると難しいかもしれませんが、実際に行動してみると簡単です。

  313619.gif 患者様の目を見ることを意識することで「〜ながらあいさつ」にならないという利点もあります。
      そして、お見送りのタイミングはお辞儀に十分な時間が取れるチャンスです。

患者様に最高の笑顔とともに「お大事になさってください!」と。
あいさつの言葉をお伝えして、患者様の姿が見えなくなるまで90度のお辞儀で見送りましょう。

「お迎え三歩、お見送り七歩」という言葉があります。

患者様応対の場面ではお迎えしたときに良い第一印象を持っていただくことも大切ですが、
最後に行う心を込めたお見送りが患者様の印象に残り、紹介率を高めるとも言えます。






些細なことでも、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください

HOME >接遇豆知識> あいさつの効果は「表情+あいさつ+お辞儀」で決まる